演奏記録

2016年7月29日 (金)

湊川YUMEまつり2016で演奏してきました。

クッキーをいただきました。
あまりのかわいさに思わず撮影。
R1049821


2013年8月15日 (木)

保育園で演奏してきました。

しばらくぶりの更新です。

8月3日土曜日、近くの保育園で演奏してきました。

最初に私たちが2曲ほど演奏してから、楽器作りです。

Kirakira_1

キント先生の指導のもと、5,6才の子ども達には塩ビ管で太鼓作り、もう少し小さい子ども達はペットボトルのシェイカー作り。

Kirakira_2

できあがった子どもたちは早速たたいたり、ふったり。

Kirakira_3

紙に思い思いの絵を描いて、太鼓のまわりに巻きました。

Kirakira_5

Kirakira_6

小さな子たちはそれぞれ好きな絵のシール。

Kirakira_4

作った楽器を手に手に、私たちの演奏に合わせて叩いたり、振ってもらうという趣向でした。

最後は保育園の先生が荒井良二さんの「バスにのって」を子ども達に読んで、私たちはその後ろでささやかに効果音係。

リズムにあわせてノリノリで踊っている姿や、太鼓を作っている真剣な目、絵本に聞き入っている表情などなど、午前中の2時間ほどの間にいろんな顔を見せてくれた子ども達でした。

2013年6月 4日 (火)

ライブレポ 第3回ピエナフェスタライブストリート

6月2日(日) お天気はくもり時々雨でした。

会場はちょうど商店街と商店街が交わるところで、通りの真ん中がステージでした。
オリジナルから5曲演奏しました。

〜セットリスト〜
湖へ行こう
あの坂をのぼれば
星を見る人
日々

「星を見る人」はアースデイのときとはまた違ったアレンジにしてみました。

私たちの演奏の前の時間枠ではキャッツポウさんというデュオが演奏されていました。
矢野顕子さんの「New Song」とZABADAKの「遠い音楽」を演奏されていて、とても好きな曲なので自分達の演奏の前に聞くことができて元気がでました!

なんと!原曲のキーで男性が歌われてました。
最初はその意外さに驚いてしまいましたが、歌への愛情あふれるパフォーマンスに聞き入ってしまいました。
(奥様がキーボードで伴奏されていたのですが、奥様が弾き語りをしているかような錯覚を何度かおぼえました。)
またどこかで演奏を聞ける日が楽しみです。

2013年6月 3日 (月)

ライブレポ 三宮本通りストリートライブ

6月1日(土)、曇り。

Sannnomiyajinnjastreet

三宮神社の駐車場には↑こんな感じでハラチグサさんと私たちが並んでました。

チグサさんには今回初めてお目にかかったのですが、山手大学のポスターやHPで絵は何度か拝見していました。

色使いやタッチが何ともいえない世界観を醸し出していて、こんな絵のような音楽ができたらなと思っていました。
日程が近くなってから急遽お誘いしたのですが、今回ご一緒いただけて、ほんとにうれしかったです!

私の横に座って描かれていたチグサさん。
私の位置からは角度が浅くて絵がきちんと見えてなかったのですが、演奏中にどんどん絵が変わっていたそうです。
ビデオに残していなかったのが悔やまれます・・・。

そして、仕上がった絵に、思わず笑顔になりました。

Harachigusatori_2

いつもライブではトリに演奏する「鳥」。
事前にYou tube で聞いていただけてたようで、ほんとにありがたく、うれしい趣向でした。

お客様も暑い中、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

ハラチグサさんの個展が近づいてます。
6月14日(金)〜20日(木) 12:00〜18:00 神戸栄町 古道具MARUNIにてハラチグサ「夜ラジオ。」展が開催されます。
栄町ビルディング4階です。絶対見に行きま〜す!
Hara1_2

2013年5月11日 (土)

ライブレポ アースデイ神戸(2013年5月5日)

うれしいことに、今年もアースデイ神戸のステージに立つことができました!

Earthdaykobe2013_1

ステージのすぐ前の芝生にはメッセージが書かれたピンクの花たちが風にそよいでいました。
ライブ中はそこに小さな女の子たちが集まってきて、踊ってくれたり、こちらを見てにっこりほほえんでくれたりしました。

もうこれだけでもかなり幸せだったんですが、「風のとおり道」の最後にラララ〜とお客さんがいっしょに歌ってくれて、最高でした!

青空にひびくパンデイロの音が気持ち良かったです。

〜セットリスト〜
朝焼け(オリジナル)
待ちぼうけ
湖へ行こう(オリジナル)
この道
星を見る人(オリジナル)
日々(オリジナル)
あの坂をのぼれば(オリジナル)
風のとおり道
鳥(オリジナル)

ライブ後は会場の芝生の上を裸足でうろうろ。
やわらかくて、ひんやりとした感触でした。
日頃からよく行っている公園なのに、裸足で過ごしたことはなく、こんなに心地よいとは!
新しい発見でした。

素敵なお店や、おもしろうそうなワークショップが多数出店されていて、去年よりもより盛大なお祭りになっているように思えました。
訪れた人たちは芝生の上で寝転んだり、ごはんを食べたりみんな気持ちよさそうにゆっくり過ごしていました。

お店巡りも楽しくて、夕方4時に終了の放送が流れるまであっという間でした。
とってもいい天気で、気温も暑すぎず寒すぎずで過ごしやすい一日でした。
また来年の開催が待ち遠しいです!

最後に「星を見る人」の動画です。

2013年5月 7日 (火)

ライブレポ ハリマ・ミュージック・カーニバル(2013年5月4日)

GW後半のライブ2DAYS。
1日目は兵庫県考古博物館で開催されたハリマミュージックカーニバルでした。

今回はルミエール・ジャズ・カルテットのギタリスト、北島さんと共演のお話をいただき、ご一緒することになりました。

〜セットリスト〜
湖へ行こう(オリジナル)
風の通り道
やさしさに包まれたなら
鳥(オリジナル)

「風のとおり道」と「やさしさに包まれたなら」の2曲は北島さんのギターアレンジで歌いました。
オリジナル2曲はSinging Hikersのいつものアレンジにギターを重ねていただきました。
どの曲もいつもの編成では出せない雰囲気が出すことができて、貴重な体験をさせていただきました。

演奏後の記念撮影。
Harimamusiccarnival_5_1

ハリマミュージックカーニバルは中学生、高校生の吹奏楽部やビッグバンド、大学生バンド、ダンスなど、盛りだくさんのステージでした。
私たち一組だけ年齢層が違ったのですが、学生さん達は私たちと気負いなく話してくれました。
みんなの目がきらきらしてました。ご一緒できたことが本当にうれしかったです。

トリの高砂高校ジャズバンド、聞けてよかったです。かっこよかった!
Watermelon manいつかまた聞きたいな〜。

イベント終了後、高砂高校ジャズバンドでかっこよくドラムを叩いていた男の子がキントのパーカッションに興味を持ってくれました。

レッスンタイム。
Harimamusiccarnival_5_2

彼にヘボロを叩いてもらってSinging Hikersの最近作った曲「日々」をやってみたら、ばっちり決まって、びっくりするやら楽しいやら。あっという間に体得してました・・・。すごいな〜。

イベント終了後もそうやって楽しんでいたら気づいたら日が暮れていました。
いい一日を過ごしました。

2013年4月30日 (火)

ライブレポ サンビオラ春まつり2013(2013年4月27日)

宝塚南口駅で開催されたサンビオラ春まつり2013に出演してきました。

近くの子ども達がたくさんきていて、にぎやかなお祭りでした。
30分ほど楽しく演奏させていただきました!
 
〜セットリスト〜
 待ちぼうけ
 星を見る人(オリジナル)
 この道
 湖へ行こう(オリジナル)
 あの坂をのぼれば(オリジナル)
 風のとおり道
 鳥(オリジナル)

Sunviora

次回のライブ予定は5月4日ハリマミュージックカーニバルです!

2013年4月22日 (月)

ライブレポ つつじ遊山ライブ(2013年4月21日)

Singinghikerstsutsujiyusan

春の相楽園ライブ第二弾!
つつじ遊山ライブの記録です。

晴れていたかと思ったら、急に雲が出てきて雨がふったり、そうかと思えば急に晴れたりの一日でした。
そんなわけで、うまや前で演奏する予定でしたが、急遽うまやの中で演奏するはこびとなりました。

つつじは徐々に咲き始めていて、庭園をいろどっておりました。(写真を取り忘れてしまいました・・・。)
今年は開花が少し早いそうです。

さて、ライブの方ですが、唱歌、童謡のカバーとオリジナルを演奏しました。
〜セットリスト〜
待ちぼうけ
星を見る人(オリジナル)
朝焼け(オリジナルのゆっくりバージョン)
浜辺の歌
湖へ行こう(オリジナル)
この道
あの坂をのぼれば(オリジナル)
風のとおり道(「となりのトトロ」より)
鳥(オリジナル)

今回はキントが新しい楽器を導入しました。
写真の右端の方に写っている銀色の胴の太鼓ですが、キントの新しいヘボロ。
そして先週の相楽市にて購入したどんぐり型のバードコール
それぞれこれから出番が増えていくことでしょう。

そして少し休憩をはさんでスティールパングループ「pan de loop(パン・デ・ループ)」さんの演奏です。
Pandeloop

選曲が面白くて、「いい湯だな」とか「埴生の宿」など演奏されてました。
定休日の銭湯でライブすることもあるそうです。
うまやの中はスティールパンの音に満たされて、どこか違う世界に来たような感じでした。
音に引き寄せられるようにお客様が次々に来られて、演奏後も興味津々で見学して帰られていました。

相楽園のつつじ遊山はまだ始まったばかりです。
つつじと新緑の美しい庭園では、おなじみひでボーと絵夢さん他、邦楽演奏会、傀儡の舞、ジャズコンサート、重要文化財の公開などなど、いろいろなイベントが目白押しです。
イベント情報はこちらです♪→http://sorakuen.com/tsutsuji.html

そして次回Singing Hikersは阪急宝塚南口駅前でのサンビオラ春まつりでの演奏を予定しております。
お近くの方、そうでない方もご都合があえば、是非お越し下さい!

2013年4月16日 (火)

ライブレポ  第13回相楽市(2013年4月14日)

4月7日の予定から14日に順延された、第13回相楽市での演奏の記録です。

時折少し強い風がふいておりましたが、相楽園の木々の新緑をめでつつ演奏できて、きもちよかったです。

手作り市ということで、今回は私たちも自分たちの手作りの音楽で30分演奏しました。

以下今回のセットリスト↓
Apple Yeast Singing
あの坂をのぼれば
星を見る人
花のように(ゆっくりバージョン)
湖へ行こう

「星を見る人」は今回初めてライブで演奏したオリジナル曲です。

子どものころ夜空を見上げて、見えている星までの距離を考えたり、自分が宇宙空間を旅しているのを想像して、意識が遠のくような、ふわっとした不思議な気持ちになっていて、それがなんとも気持ち良かったのですが、近頃は夜空を見上げても、なかなかそんな感覚を味わえません。大人になってしまったな〜。

そんな思いもまじえつつ作った曲です。
またみなさんの前で演奏できる日が楽しみです。

この日は神戸ジャグリングクラブ「moai」さん、そして相楽園でおなじみのひでボーさんの演奏もありました。
ジャグリングショーは子ども達に大人気でした。

ひでボーさんは今回はソロでの弾き語りでした。「童神」がよかったな〜。

キントは相楽市でバードコールを手に入れました。
購入先は松永弦楽器工房さん。
どんぐり型の他、ウズラの卵型のもありました。
ライブに登場するときもあるかもしれません。
Birdcall
Matsynagagengakki

三脚をたてたものの、ビデオのスタートボタンを押すのを忘れてしまいました。
こんなことはとても多いです。
演奏後の記念写真。
Singinghikers20130414


次回は春の相楽園ライブ第二弾!
4月21日(日)つつじ遊山での演奏です。
13:30〜です。是非是非お越し下さい!

2013年3月 5日 (火)

ライブレポ ミュージシャンブランプリOSAKAセレクションライブ

Senbayashi

2月23日(土)、大阪の千林大宮フェニックスホールに行ってまいりました。

インドアで、ステージの上。
照明もあって、客席がまっくらになるようなところでの演奏は久しぶりでした。

朝焼け」を演奏しているときにライトを当ててもらったのですが、ちょうどその低い位置からのライトが日の出の太陽のように目に入ってきて、歌の世界が目の前にあらわれてきたようで、ずっとその世界に浸っていたいような気分でした。

一番前に座っていたお客さんの足元だけがほんのり見えたのですが、その足がリズムを刻んでいてくれたりしてて、そこはかとなく、うれしかったりしました。

控え室で他の出演者の方々とお話できたり、キントの「大阪の父」と呼ばれる方にもお会いできたし、楽しいイベントでした。

このセレクションライブは3月24日に行われるミュージシャングランプリOSAKAの決勝への予選ということでした。
Singing Hikersの結果は残念でしたが、この日同じステージに立った他のグループの中で将来活躍される方がでるといいなと思うのでした。

次回Singing Hikersの演奏は4月7日(日)相楽園での予定です。
その日は恒例の手作り市「相楽市(あいたのしむいち)」が開催され、入園も無料です。
また詳細は後日アップします。

author:たなかようこ

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ